Page Top

About us

Message機構長挨拶

Increasingly, the cutting edge issues addressed at the School of Engineering and the Graduate School of Engineering are becoming interdisciplinary and going beyond specific fields. The primary mission of the Institute of Innovation in International Engineering Education (IIIEE) is to provide students with strong foundations on which to improve their abilities to detect and understand challenging questions, to assist them in learning relevant problem resolution methods while maintaining a sense of originality, and to support them in advancing their abilities.

IIIEE assists Japanese students to prepare for challenging international activities and broadens foreign students' opportunity to learn a variety of fields by upgrading classes taught in English, and thereby further internationalizes the campus. Constant efforts to reform the current engineering education will be made by developing teaching materials and improving the methods by feeding back the impacts of current education. IIIEE assists comprehensively foreign students and researchers, promotes international projects, and establishes international agreement to enhance mutual interaction. IIIEE also supports collaborative research projects, which contribute engineering education.

To assist the Graduate School of Engineering and the Faculty of Engineering endeavoring to promote research and education to an effective advancement, sharing the themes of its challenges with other organizations, IIIEE will undertake these tasks in a cross-cutting and flexible manner traversing wide breadth of fields.

Yasushi Asami, PhD. Professor, Director,
Institute of Innovation in International Engineering Education (IIIEE)

工学部・工学系研究科で取り組む先端的な課題は、ますます学際的で、専門分野を超えた高度なものとなっています。高い基礎力を備える学生が優れた問題発見能力を磨き、オリジナリティを持った解決の方法を適切に見出してゆけるようその能力を伸ばしてゆく場を提供することこそ、東京大学として果たすべき役割であり、国際工学教育推進機構の主要なミッションです。

英語で受講できる科目を充実することで、日本人学生には国際的に活躍する素養を磨き、留学生の修学機会を広げて、さらなるキャンパスの国際化を推進します。現在行われている工学教育自体も不断に必要な改革を進め、教材開発、教育効果を見極めた上で必要な教育法の改善を進めます。外国人学生の修学や外国人研究者への統括的支援を進め、国際的な活動の基盤となる交流協定の締結等を含む国際関係事業の企画推進を進めます。また、工学教育に資する共同研究も推進します。

先端的で学際化する工学を対象とする研究教育を進める工学部・工学系研究科が他機関とも課題を共有して工学教育の国際化・高度化に貢献すべく、工学の広範な領域に横断的組織として柔軟性を持った活動を進めてゆきたいと考えています。

東京大学大学院 工学系研究科
国際工学教育推進機構 機構長
浅見 泰司

Organization組織図

Global Center for Innovation in Engineering Education

バイリンガルキャンパス推進センター

DetailWebsite

We create an educational environment for students and staff to enhance their global leadership, English, and international collaboration skills.

教職員・学生への国際リーダー力強化、英語教育や講義の英語化など、国際化環境を組織的に整えます。

 

プロジェクト調整部門

Global Education Systems Project

国際工学教育プロジェクト

DetailWebsite

国際工学教育プロジェクトでは、第1に"セルフオリエンテーション"可能な教育システムの構築を目指しています。第2には、変化に対応して、継続的に改 善・発展しうる教育システムを提案していきます。第3には、発展し続ける情報通信(ICT)システムの最大限の利用を目指しています。

Global Ware Project 

国際化推進部門

DetailWebsite

The Global Ware Project provides education focussing on international communication skills. This does not only include English language training for Japanese students, but also learning to understand various cultures, working and discussing in international teams, taking initiative and leadership, and presenting your research effectively to an international audience.

国際化推進部門では、主に学内の日本人をはじめとする英語を母国語としない学生のための国際コミュニケーション能力の教育をおこなっている。国際 コミュニ ケーション能力と一口に言ってもそのなかには多様な意味が包含されている。単なる英語教育だけではなくコミュニケーション能力の育成、多様な文化 の理解、 国際性、あるいは国際的な場で発揮することのできるリーダーシップなどを涵養することをここでは意味している。

Center for Engineering Fundamentals

工学教育基盤強化推進センター

DetailWebsite

We compile the UTokyo course of engineering in order to offer an established engineering education system that leads to the development of world class talent in the engineering field and special areas of study.

工学教程の編纂を中心に、高度人材育成のための工学教育基盤を強化します。 工学の基盤を「工学教程」と題した教科書シリーズとして編纂し、刊行を進めています。

Editing the Teaching and Learning Fundamentals

教科部門

DetailWebsite

With the International Organization for the Promotion of Engineering Education at the core, the production of a textbook series entitled "The Engineering Curriculum" is ongoing. In addition to including the information students should be learning, the texts also include guidelines for what instructors should be teaching.

教科部門では工学教程の作成を行っています。工学教程は、東京大学工学部・工学系研究科の学生が習得すべき内容を明記したもので、教員が学生を指導し、到達すべき内容を明記した具体的目標です。

Advanced Engineering Education

工学教育高度化部門

DetailWebsite

工学教育高度化部門では、第1に"セルフオリエンテーション"可能な教育システムの構築を目指しています。第2には、変化に対応して、継続的に改善・発展 しうる教育システムを提案していきます。第3には、発展し続ける情報通信(ICT)システムの最大限の利用を目指しています。

Education Research and Evaluation

教育調査・評価部門

DetailWebsite

教育調査・評価部門では、工学部、工学系研究科の教育・研究プログラムについての学生アンケート継続調査などによる分析評価、及び工学教育に関する外部動 向調査と分析を行なっています。結果は、教育プログラムの継続的な改善、高度化、グローバル化における指針の提示などに反映しています。

Center for International Affairs

国際事業推進センター

DetailWebsite

We support the admission of international students and researchers, provide Japanese language education, and promote exchange with institutions overseas.

留学生や外国人研究者の受入支援、日本語教育、キャリアサポートに加え、海外留学や国際協定の締結など国際交流を推進します。

Office of International Cooperation and Exchange

国際事業推進部門

DetailWebsite

The Office of International Cooperation and Exchange is a department which carries out and manages international cooperation agreements with overseas universities and institutions, sends and receives foreign exchange students based on exchange agreements, supports study abroad for enrolled students, assists with international exchange programs such as JSPS, conducts planning and regulation of a project for Establishing University Network for Internationalization (Global 30), and manages visitors from overseas. It collaborates closely with other departments and promotes international cooperation activities.

国際連携推進部門は海外の大学等との国際交流協定の締結・整備、協定に基づく交換留学生 の派遣・受入の実施、在学生の留学支援、日本学術振興会等の国際交流事業の支援、大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業(グローバル30)の企 画・調整、海外からの来訪者対応等を実施している部門です。他の部署とも密接に連携し、国際交流活動を推進しています。

Office of International Students

留学生支援部門

DetailWebsite

The Office of International Students (OIS) supports academic and campus life for international students with various cultures and historical backgrounds from about 85 countries. We manage MEXT scholarship students, foreign government scholarship students, and private scholarships students. We manage applications for dormitories. We also manage privately-financed research students. We endeavor to make a comfortable, global campus life for international students.

東京大学工学系研究科国際推進課留学生支援チームは、世界約85カ国から集まってくる留学生のキャンパスライフをサポートしております。文部科学省奨学金 や民間奨学金の管理、大学寮の申請、私費研究生の管理などを行っております。留学生が安心して充実した研究生活を送れるように環境基盤作りに取り組んでお ります。

Japanese Language Class

日本語教育部門

DetailWebsite

The Japanese Language Classes at the School of Engineering (JLCse) provide a variety of support programs for international students, researchers, and their spouses. These programs include Japanese language and culture courses. We offer 34 courses at 7 levels, from introductory to advanced. Currently, approximately 300 students from about 40 countries are studying at the JLCse. In addition, there are opportunities to join various cultural events and practice Japanese with Japanese volunteers both inside and outside the classroom.

日本語教育部門では、留学生や外国人研究員、配偶者に対しての研究と生活のサポートの一 環として日本語・日本文化事情教育を行っています。授業は、入門から上級レベルまで7レベルにわたり、34コースあり、現在約40か国から300人の留学 生が勉強しています。また授業内外で、様々な行事への参加や、ボランティアの方々と日本語を話す機会を設けています。

The University of Tokyo Wuxi Representative Office

東京大学無錫代表処

DetailWebsite

The Wuxi office was set up by the School of Engineering in November, 2005. New activities between Japan and China in the fields of education, research, and industry-academic collaboration are proposed and promoted in cooperation with the University of Tokyo's Beijing Office.
The primary activities of the office consist of the organization of forums and conferences relating to the environment and energy technology, and the implementation of industry-academic projects related to environmentally friendly processing technologies such as lead free packaging and environmental analysis (in cooperation with Japanese industry resources and Chinese universities). The Wuxi office also supports information/student exchanges between UT/Japan, Chinese universities, and the government. Support for academic agreements between UT and Chinese universities is also supplied by the Wuxi office.
  In the future, industry-academic activities will expand to encompass new energies, information, and society. Support is expected to be provided to research conducted by teachers in the School of Engineering and to activities conducted by other faculties.

工学系研究科は、東京大学無錫代表処を2005年11月に設置し、本学北京代表所と協力しつつ、日中の教育研究、産学連携の新しい枠組みを提案すべく、活動を展開しております。
  これまでの主な活動といたしましては、環境、エネルギー分野における国際フォーラムの主催・協賛、鉛フリー実装技術、環境分析等の環境調和製造プロセ スに関する日本企業、中国大学との産学連携研究の実施、中国大学・企業、中国政府との環境技術に関する情報交換、関係研究者・技術者の相互訪問のアレン ジ、大学間の学術協定設置の支援などがあります。
  今後は新エネルギー、情報、社会に関わる分野へも産学協働の活動の場を広げたいと考えています。工学系研究科のみならず、関連部局の多くの先生方の研究のお役に立てるような仕組みづくりと具体的な実績を今後も積み重ねて行く予定です。

Center for Interdisciplinary Research and Education Collaboration

学際共同教育研究センター

DetailWebsite

研究科の学際領域での外部資金等による教育研究を目的とした講座での教育と研究の推進を行っています。

We provide interdisciplinary courses and research at the School of Engineering through the funding from and in collaboration with outside industries.

Social Cooperation Program "Energy Efficient Information Processing"

社会連携講座「省エネルギー情報処理」

DetailWebsite

The purpose of this social cooperative program is to perform fundamental research on next-generation high-performance energy-efficient computing systems and devices.

本講座の目的は、システム研究者(理論およびアルゴリズム開発が専門)と デバイス研究者(実験および開発が専門)が協力して、新しい原理に基づく省エネルギーの計算デバイスを 開発するための基礎研究を目的としています。